Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ダイソーの血のりを映画で使ってみた!

「ダイソーの血のりを映画で使ってみた!」実際の商品画像です。

 ダイソーで毎年ハロウィン・シーズンに売り出される血糊。
 最近ではパーティ・グッズとして通年取り扱っているようです。
 ホラー映画製作などしていると、血のりが近所のお店で、100円から少量ずつ買えるというのはとても便利。
 映画演劇用に専門メーカーから出ている商品に比べ、かなり安いダイソーの血のりですが、品質や使い勝手はどうなのか?勤務先で商品宣伝用に製作したホラー映画で使ってみました。

血糊をたっぷり使用!商品PR用ホラー映画企画

 企画としては、映画の中で自社製品を使い、商品宣伝しよう、というもの。
 先ず傷口をモチーフにしたタトゥーシールを商品化。
 そのタトゥーシールを残酷シーンの特殊メイク代わりに使ったホラー映画を製作。
 映画をネット公開し、映画の最後に傷口メイクがシールであったことを明かして、商品宣伝するわけです。
 私は監督、脚本の他、出演も担当、殺人鬼に刃物で顔や首を切られまくる役です。何度も血まみれになります。
 2018年、秋に撮影しました。血のりもその時期にダイソーで購入したものです。

映画用化粧品専門メーカー品とダイソー品の違い

三善の「ブロードペイント」

 通常この手の現場でよく見かける血のりは、映画演劇用化粧品の専門メーカー三善の、「ブロードペイント」という商品。昔からあります。
 色合いは薄めからかなり濃いまで、4種類から選べます。
 肌や衣類、その他セットなどに付いて拡がる感じや、乾いた後の見た目が本物っぽい、けっこうな優れ物。とろみが強く、原液でも水で薄めても使えます。
 水と石鹸で簡単に洗い落とせるので使い勝手も良いです。衣類についても基本的には洗濯すれば落ちます。
 問題は価格。高いです。
 現在の価格は60ミリリットル入り1,000円+税。500ミリリットル入り5,000円+税。

ダイソーの「血のり Fake Blood」

 一方、ダイソーの血糊は20ミリリットル入りで100円+税。
 価格3分の1以下!
 これで品質が「ブロードペイント」並みなら申し分ない!ということで、前年のハロウィン・シーズンに数本購入していたので、テストしてみました。
 結果。
 先ずブロードペイントに比べ、とろみがありません。サラッとした感じ。まあ、原液で使う分には問題ないでしょう。
 あと、肌の上に拡がった端の色が少し薄い気もしましたが、見た目の質感は良好。もう少し濃い方が使い勝手が良いけど、まあ無難な濃さで十分血に見える良品でした。質感もまあまあ良いです。
 テスト後は本家「ブロードペイント」同様、水と石鹸できれいに洗い落とせました。
 パッケージ裏側の説明書きにも、
「血のりの落とし方:ウェットティッシュで拭きとるか、水またはぬるま湯で洗い流してください。落ちにくい場合は、石けんをお使いください。」とあります。
 ところが!
 本番でこの血が洗っても全然落ちず、ちょっと困ったことになりました。
 なぜ?
 実はこのダイソーの血のり、どうやら同じようなパッケージで、中身の品質が違う2種類存在するようなのです。

映画用化粧品専門メーカー品とダイソー品の違い

 血のりは10本ほど追加で購入しました。
 パッケージの絵柄は2種類ありましたが、商品名も20ミリリットルチューブ入りの仕様も同じで、一緒の棚に売られていたので混ぜて購入。
 撮影現場ではこんなシーンで使いました。

映画劇中の血のり使用場面

映画劇中の血のり使用場面です。

 刃物で顔を切り刻まれます。
 トリックとしては、刃物がダミーで刃の裏にチューブを這わせ、ポンプで血を送ります。で、撮影後はこんな感じになりました。

ダイソーの血のり使用後の姿です。

ダイソーの血のり使用後の姿です。

 画像で見るより遥かに多量の血が流れています。主に髪や服の中に流れ込んでいます。で、テストでは特に問題なかったこの血のりですが、
 洗っても全然落ちない!
 メイクというより着色した感じ。撮影中も私の手に付いた血のりが機材や小道具に移っちゃって、それが拭いても簡単に落ちないから、けっこう面倒でした。
 撮影終了後はロケ地の公園にあった水道で洗ったものの、水だけでは全く落ちず。やむなく公園から勤務先の会社まで徒歩10分、世田谷の住宅街を血まみれで帰りました。
 その後工業用のスクラブ入り石鹸とお湯でゴシゴシこすり洗いしましたが、あまり奇麗に落ちませんでした。手のひらとか、全体に赤っぽくなってしまい、入浴して洗顔料を使っても、なかなかすっきり奇麗にはなりませんでした。
 事前のテストでは全く問題なく、水で簡単に落とせたのに、なぜ?と商品のパッケージ裏側の説明書きを確認すると、
 肌に付けた血のりは、「メイク落とし洗顔料」で洗い落としてください。
 というようなことが書かれています。
(パッケージは捨ててしまったので表記は大体の内容)
「ウェットティッシュか水で落とす」ものと、
「メイク落とし洗顔料で落とす」ものの2種類あることに、この時初めて気付きました!

結論。2種類あるので、説明書きを確認して購入!

 写真のような、ダイソーのチューブ入りの血糊20ミリリットルですが、2種類あって一方は高価なブロードペイント同様、水で洗い落とせます。
 しかしもう一方は、洗い落とす際メイク落とし洗顔料が必要とのこと。しかもメイク落としを使っても、なかなかスッキリとは落ちませんでした。
 なのでこの落ちにくい方は、映画用には向かないと思います。役者さんの肌、少し赤いまま帰すことになっちゃいますから。
 購入の際には、必ずパッケージ裏面の説明書きを確認し、
「ウェットティッシュか水またはぬるま湯で落とす」
 と書かれている方を選びましょう。あくまでも映画のメイク用には、の話ですが。

ページトップへ戻る