Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

最新ホラー「屍池の切り裂き男」傷口メイクシール

「ホラーメイクシール」イメージ画像

 今海外でのリリースが相次いでいる国産ホラー映画「地獄の血みどろマッスルビルダー」の監督、私・深沢真一の最新ショートフィルム「屍池の切り裂き男」で使用した傷口メイク用タトゥーシール「ホラーメイクシール」をご紹介します。


ホラーメイクシール、A5サイズに切り傷や噛み痕のデザインが付いています。

 新商品PR用にホラー映画を製作!

新商品企画とセットで宣伝用ホラー映画製作を提案してみた!

 平日は印刷会社勤務の休日ホラー映画監督、私・深沢真一が、自身の能力を勤務先の仕事にも生かせないかと思案。会社が運営するシール系商品の販売サイト用に、傷口のタトゥーシール企画と、そのシールを劇中で使用したショートフィルムの製作を提案しました。
 すると企画は通り、社長からGOサインが!早速私を中心に普通の印刷会社でホラー映画製作のプロジェクトが発足しました。

スタッフ・キャストは全員普通の従業員

 監督・脚本は私が担当するとして、それ以外のスタッフ・キャストは全員社内から募ることになりました。出演者はヒロインにパート社員の女性、殺人鬼役に嘱託社員の男性。殺人鬼と戦うヒロインの恋人は候補者が表れず、監督の私が出演することに。カメラも担当するロケ当日のスタッフは、営業部長とWEBデザイナー、そして何と社長。

残業1時間でシナリオ執筆

 肌に貼る傷口タイプのタトゥーシールということで、派手な損傷よりは切り傷が良いと考えた私は、切り裂き魔的殺人鬼の登場するホラー映画の企画を考案しました。頭の中で何となくイメージングしておき、定時まで勤務した後、会議室へ移動。残業1時間でシナリオを書き上げました。

昼休みに撮影、時間外に編集

 会社から実働5時間の撮影時間を貰った私率いる撮影隊は、会社近くの区立公園で撮影を開始!しかし不運にもその日のロケ現場は、年に1回の園内の草刈り作業日。撮影は半分程で中断。その後は連日昼休みに私が出演者を連れ出し撮影を強行。どうにかクランクアップに漕ぎ着けました。
 編集作業は最初から勤務時間内には時間を貰えず、連日夜の時間外か自宅のプライベートタイムに実施。まずは商品宣伝入りの予告編2種を製作、ネット公開しました。

「屍池の切り裂き男」予告編公開中!

 のどかな公園で殺人鬼が切り裂きまくる80年代風スプラッター映画「屍池の切り裂き男」予告編、YOUTUBEにて公開中です(ページ最下部にリンクあり!)。


ホラーメイクシール、A5サイズに切り傷や噛み痕のデザインが付いています。

 傷口メイク用タトゥーシール

 今回は傷口のタトゥーシールを商品化、ということで、劇中に傷口メイクが必要なシーンを適宜配置したシナリオを作成。欲しい傷口を私がデザインしました。

劇中の特殊メイクをシールで代用!その出来栄えは?

 傷口シールのPRということで、基本特殊メイクは使わず、シールで代用しました。劇中では違和感無く使用出来ていると思います。その仕上がりは映画でご確認ください。

切り抜いて肌に貼り、濡らしたティッシュを当てるだけ

 水転写タイプのタトゥーシールです。適当なサイズに切り抜いて、肌に貼り付け(粘着性なので簡単に貼れます)水で濡らしたティッシュを押し当てるだけで、絵が肌に移ります。

初版分は数量限定、実際に撮影で使用したシールと同じもの

 私、深沢が傷口の形をデザイン、WEBデザイナーがデータ化しました。リアリティ重視で薄めのナチュラルな色合いに設定しましたが、なぜか印刷はけっこう濃いめのドギツイ感じに仕上がってきまして・・・撮影にはそのまま使用、今回販売する初版はその際同時生産された分です。10セットのみの数量限定販売になります。第2版以降は色合い、デザインともに変更する可能性があります。全て劇中に登場する傷口シールです。色合いが完璧ではありませんが、映画製作記念として、初回分だけ私深沢直筆の記念カードが付属します。

ホラーメイクシール、発売中!初回数量限定!特典付き!

 最新ホラー「屍池の切り裂き男」で実際に使用した全8種類の傷口タトゥーシールです。全て劇中で特殊メイクの代用品として使っています。初回限定10セット。「地獄の血みどろマッスルビルダー」監督、深沢真一の直筆サインカード付き(初回分のみ)。第2版からは仕様が変わります。
 お求めは下記リンクから!


ホラーメイクシール、A5サイズに切り傷や噛み痕のデザインが付いています。

ページトップへ戻る