Enable JavaScript in your browser. このウェブサイトはJavaScriptをオンにしてご覧下さい。

ゾンビの目!特殊メイク、コスプレ用カラコンが凄い!

ゾンビの目、特殊メイク、コスプレ用カラコンの画像

 ホラー映画製作、特にゾンビ映画において、特殊メイクは必須。中でもゾンビの目はカラコンを使用すれば、格段にモンスター度が上がります。ハロウィンのコスプレでもゾンビメイクは今や定番ですが、目の仕上げにカラコンを使えば完成度も注目度もアップ。そんなゾンビの目のメイクについて、過去の名作ゾンビ映画を振り返り考察してみました。高品質、低価格で安全なゾンビ・カラコンもご紹介。

初期ゾンビ映画はカラコン無し

 近代ゾンビ映画の父、ジョージ・A・ロメロ作品、大定番の「ゾンビ」(1978)をはじめ「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1968)、「死霊のえじき」(1985)などではカラコンは使用せず。目の周囲の皮膚に塗りでクマを作るのみ。ロメロ映画はリアリティ重視ですからね。
 グロ描写重視のイタリア映画「サンゲリア」(1979)のゾンビは、基本目を閉じていますが、たまに目蓋を開けると健康的な目がギラギラ。半ミイラ化したゾンビでも目が生きているのは、不自然ですが不気味でした。
 他、「バタリアン」(1985)や「ZOMBIO 死霊のしたたり」(1985)でも目は普通。カラコンは使用されていません。当時は目はいじらない方が主流でした。

アップのみカラコン使用「悪魔の墓場」

 「ゾンビ」より早い1974年の近代型の人喰いゾンビ映画「悪魔の墓場」では、最初に登場するゾンビの目元がアップで写し出されますが、その赤い瞳が印象的でした。しかしその後のシーンではどのゾンビも目は普通。最初のクローズアップのみカラコンを使用して異様さを強調したようです。

白目ゾンビと灰色目ゾンビ

 「死霊のはらわた」(1981)では、悪霊に憑依されゾンビ化すると、黒目が消えて目は真っ白になります。リアルな死人ではなく、化け物じみたゾンビを演出するのには効果的な目のメイクでした。
 また、特殊メイク・アーティストのトム・サビーニが監督したリメーク版「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」(1990)には、黒目が白濁したゾンビが登場。「死霊のはらわた」のように真っ白ではなく、白っぽい黒目。カラコン使用による灰色の目のゾンビが、ついにロメロ一派の作品にも登場しました。

 変わり種!

目蓋の上に目を増設

 「ゾンビ特急地獄行」(1972)の、エイリアンの意識に憑依されたゾンビは、目蓋の上に作り物の白目を貼り付ける方式。なのでこの作品のゾンビはみんな出目になります。

目が点

 「ゾンビの秘宝」(1982)のゾンビメイクは粘土のお面を被る方式。そしてなぜかこのお面ゾンビには目の無い奴がいます。目のある筈の部分が平らな皮膚になってるんですが、正直このセンス、理解出来ません。意味不明。まあ、それは置いといて、これじゃ役者さん、前が見えないだろ、ということで左右に一つずつ、ポツンポツンと小さな覗き穴が開けられています。結果、両目が黒い点になったその情けない顔はまさに「目が点」状態。

自力でなんとか

 「死体と遊ぶな子どもたち」(1972)では役者さんが頑張る方式を採用。ゾンビ役の方が自力で何とかします。いわゆる白目を剥く、というやつです。カラコン?何それ?

今時の定番ゾンビメイクは黒目を小さく

 最近の元気なゾンビたちは、大体黒目を小さくするパターンが主流みたいですね。「アイアムアヒーロー」(2016)もそう。それよりだいぶ昔の「デモンズ」(1985)でも黒目が点のゾンビは既に登場してましたが。「デモンズ」のゾンビは「死霊のはらわた」に着想を得た「化け物系」ですからね。今時はほとんどがこのタイプですね。テレビ・シリーズ「ウォーキング・デッド」(2010~)がそうですからね。

 ゆで玉子の薄皮で代用!?

 一昔前はカラー・コンタクトなんて簡単には手に入りませんでしたから、インディーズ系のホラー映画製作者は色々と工夫してました。前述の「自力でなんとか」なんて笑い話じゃなく、実際やってる人いましたからね(実は私)。
 また、インディーズ作品では、白目のカラコンの代用品として、なんとゆで玉子の白身の薄皮が使用されたこともありました。

 今は高品質のゾンビ・カラコンが低価格で入手可能

 今は高品質で低価格のカラコンが簡単に手に入るので、アマチュアでも凝ったゾンビメイクが実現可能になりました。ハロウィンの夜、渋谷に繰り出しているゾンビたちの中にも、けっこう完成度の高い奴らがいますからね。私もゾンビ映画を撮る人ですが、正直「ヤバい!完全に負けてる!」と思うことありますよ。傷口メイクの作り方なども専門サイトやYOUTUBEで詳しく紹介されているので、ホラー映画並みの本格ゾンビも夢ではありません。自主映画作家には嬉しい時代。私も近日下記のゾンビ・カラコン使いますよ。

 ○ 高品質、低価格で安全なゾンビ・カラコンはコチラから。↓

 

安全な利用を!

 コンタクトは大変デリケートな部位に直接触れる医療器具ですので、使用する際は説明書をよく読み、使用前にはゴミやキズが無いか慎重に確認してください。
 使い捨てのワンデー・タイプが安全です。
 上の広告の下の方に表示されている「高度管理医療器具承認番号」があることも必ず確認してから購入してください。日本国内の安全基準をクリアーしている商品です。

ページトップへ戻る